愛知県名古屋市中区の「さぶり歯科」の義歯(入れ歯)のページです。

無料カウンセリング・その他のお問い合わせはこちらからどうぞ 0120-517-775 最終受付時間 18:30土曜日は17:30) 診療時間 午前10:00-13:00 午後14:30-19:00 Click

義歯(入れ歯)

ホーム > 義歯(入れ歯)|【さぶり歯科】名古屋・愛知 根管治療専門サイト(重度対応・包括治療)

補綴治療・義歯(入れ歯)

補綴治療とは、入れ歯部分入れ歯・総入れ歯)やブリッジなどの被せものを作製して患者様の顎に装着する治療法の総称です。

どの歯科医院でも基本的な歯科治療として行いますが、いかに精密に適合させ、いかに正確に上下の歯の噛み合わせを調整するかが腕の見せ所です。より精密な形成歯を削ること)と印象(歯型を採ること)がなされているか、またスキルの高い歯科技工士が丁寧に修復物を作製するかどうかが仕上がりに反映されます。

当院では高品質の機材と歯科素材、最善の努力によって完璧な補綴治療の提供を常に目指しています。入れ歯の作製を考えている方、現在お使いの入れ歯にお困りの方は、お気軽にご相談ください。

テンポラリーデンチャーのケース

インプラントが使用できるまで一時的に、仮義歯として上顎前歯部の2歯欠損に対しPD部分床義歯)を作製します。

ブリッジ治療の流れ

  • 治療前
  • 大臼歯の形成完了
  • 続いて小臼歯の形成
  • ブリッジの印象(歯形)をとる
  • 3本分のブリッジを作製
  • 埋入・治療完了

入れ歯の問題点

歯を失った後そのままにしておくと、顎の骨がやせていくのと同時に顎堤が減っていきます。顎堤が減った状態では条件が悪く、機能的な入れ歯の作製が困難になってしまいます。そのため、事故や虫歯などで歯を失った場合は早めに歯科医院に行き作製しましょう。

顎堤の変化

  • 正常な状態。

  • 吸収が始まった状態。

  • 吸収が進んだ状態。
    ※不適切な義歯を使用すると、さらに進行してしまいます。

  • 顎の骨がすべて吸収され、顎堤が完全になくなった状態。

診療時間のご案内

診療時間のご案内

最終受付 午前12:30 午後18:30(土曜日は17:30)
予約の患者様優先になります。ご了承ください。

Copyright © 名古屋市中区 さぶり歯科|インプラント 歯周病 審美歯科 矯正 義歯. All Rights Reserved.